浅田舞&真央 スケーティング・ミュージック
2,999 円

日本女子フィギュアスケート公認ブック(2007ー2008)
1,575 円

フィギュアスケートdays plus(2008ー2009 女子シングル読本)
1,890 円

日記

グルーポン



日記

母の日

母の日も間近に迫って来ました。
毎年何を送ろうか迷いつつ近所の花屋でカーネーションの花束や鉢植えを買うだけだったりします。
今年はしっかり下調べして例年とは趣向を変えてみようかとも思います。
↓のようなオルゴール付きの花がおしゃれでいいなと思います。
【日比谷花壇】【送料無料】オルゴールフラワー「世界に一つだけの花」

日記

毛穴の目立ちに

今日は草花木果(そうかもっか)の透肌マスクジェルの紹介をします。
草花木果は、様々なお肌の悩みの中でも特に多くの人が実感している毛穴の目立ちを集中的にケアしてくれる化粧品として、今ではかなり知名度が上がったと思います。
私はこのシリーズが新発売された当初から注目していて、この透肌マスクジェルを何度も使用してきました。
毛穴が目立たなくなる実感があるだけでなく、柚子のいい香りで毎日使うたびにとても癒される化粧品です。
マスクジェルはとにかく伸びがよく、とても使いやすいです。
使い続ければ続けるほど、効果が実感できる商品だとおもいます。

当店人気No.1アイテム!毛穴の目立ちに!草花木果(そうかもっか) 透肌マスクジェル【商品到着...

日記

四大陸まで時間が空いているので

四大陸選手権は来月で、選手たちはそれまで必死に練習・調整しているのでしょうが、ファンとしてはシーズン中のちょっとした隙間を期待と不安で持て余す期間だったりします。

で、暇なので夢の話でも…。

昨日、スターズオンアイスの放送を見た後、コックリこっくりしてたら、真央さんの夢を見ました。

真央さんが3A-2T-2Loを跳んでる夢。
夢だけど、なんとなく現実味のあるコンビネーションだなあ、と思ってココに書いてみた。

3A-2Tだと、なんとなくコンビネーションの無駄使いに思えてしまうんですが、3A-3Tは体力的に厳しそうな気が。(伊藤みどりさんはオリンピック前の練習でバンバン跳んでましたが、今のルールだと回転不足判定が怖い)

現行ルールではコンビネーションジャンプは3回までで、そのうち3連続ジャンプは1回までと決まっているので、女子のトップ選手は、大抵3-3、3-3、3-2-2というジャンプ構成ですよね。(3-3の跳べない選手は3-2にしてますが)

今季、真央さんは3Aを二回入れるために、コンビネーションジャンプを3A-2T、3F-2Lo-2Lo、3F-3Loという構成にしてるので、3Aを二回入れてる割に基礎点では他の選手と大きな差がないんですよね。いずれは3-2-2を3F-3Tにする方向だそうですが、そうすると3連続ジャンプがなくなって寂しいな、って感じです。

なので、3Aの方を3連続ジャンプにしてほしいなあ、って勝手に素人は考えてます。
素人なのでどんだけ体力が必要かに関しては無責任です。

以上、夢から派生した話でした。

日記

年は明けましたが。

謹賀新年。

年は明けましたが、フィギュアスケートのシーズンはまだ終わってません。
これから四大陸・ワールドとますます真央さんから目が離せません。


そういえば、先月の全日本選手権で真央さんの演技が終わった直後に某アナが、
「今シーズンの競技会の、これが滑りおさめということになりました。」
って言ってたなあ、と思い出してしまいました。

「今年は終わっても今シーズンはまだ終わらないよ。
ってかワールドむかえる前にシーズン終わってたまるか!」
ってツッコミをいれていたのは、もう去年の話になるんですね。

そんな実況の揚げ足とりはどうでもいいんですが。


真央さんて、ホント立派なアスリートですよね。

全日本では3Aが二回とも回転不足判定されて、3F-3LoもやっぱりLoが回転不足判定になって、見てるこっちがヘコんでしまう判定でしたが、演技直後のガッツポーズが物語っているように、真央さんは前しか向いてません。

正月もしっかり休めたんだかどうなんだかってな感じで早々にアイスショーの連続でファンを喜ばせてくれてますが、
練習にも気合入ってるようですね。

高く跳んできっちり回りきることに重点を置いてジャンプ練習してるようで、次の大会ではなにがなんでも回転不足なんて言わせない!完ぺきなジャンプを審査員に見せつけてやる!って感じです。

ファンの間では、3Aは一回にして他の連続ジャンプをもっと練習した方がいいんじゃないかとか、セカンドループは回避して3F-3Tにしたほうが確実なんじゃないかとか、いろいろ意見が飛び交ってますが、真央さん的にはすべて却下だと思います。

3Aは二回、3-3も二回、セカンドジャンプはループで!

回転不足なんで言わせない!
何が何でも認めさせる!

一度目標として掲げたものは達成するまであきらめない。
そういう執念が勝利を呼び寄せない訳がない。

ただ金メダルをとるだけならもっと楽な道が他にもあるかもしれませんが、トップアスリートにとって順位というのは副次的なものでしかないんでしょうね。

だって、何か大会があれば誰かが必ず一位になります。
金メダリストは毎大会コンスタントに誕生します。

でも、長期にわたって記録に残る選手、時を超えて記憶に残る選手は稀にしか登場しません。

そういうのを目指して自分の限界に挑み続ける選手のことをトップアスリートって呼ぶんでしょうね。

ってことで、今年も真央さんを死ぬほど応援します。
そして今年の年末にはいよいよオリンピック代表が決定するんですね!
って約1年後か。

日記

全日本FS終わりましたね。

さて、全日本のFSも終わり、四大陸・ワールドなどの大会の代表選手が決定しましたね。

真央さん、今回も3Aを2回決めました!
3-3も決めました!

でも三つとも回転不足判定でした!

なのでFSの順位は2位でした!


3A-2Tは4.00点、3A単独の方は2.70点 Σ( ̄ロ ̄lll)


あー!ダウングレードの二重減点ルールって、ホントどうにかならないんでしょうかね。

今シーズンは試合を重ねるほどにテンションが下がってしまいます。


あ、でもスピン・スパイラルは全部レベル4。
ステップもレベル3。
取りこぼしなし!
おめでとうございます!

日記

SPが終わって… 【浅田真央 応援ブログ】

全日本選手権女子SPが終わり、思ったこと。

とりあえずお疲れさまです。
浅田真央さん、相変わらず美しい滑りでした。

真央さんが3-3を少しミスしてしまいましたが、SPだし、そんなインパクトのあるミスでもなかったので、そこはスルーするとして、

それよりも…

塩原アナが、タラソワコーチのアシスタントのジャンナさん(ジョアンナさん)を、振付師のローリー・ニコルさんと間違えてる( ̄□ ̄;)!!

今季に入って4戦目なのに…
毎回キスクラにいるのに…( ̄ロ ̄lll)


そんなこともどうでもよくて。


スパイラルがレベル1…。
低っ!



ステップがレベル4…。
GOE+2.00
高っ!


ちなみにプロトコル↓

1 3F+2Lo< 基礎点6.00 GOE-3.00 合計3.00
2 3Lz 基礎点6.00 GOE1.00 合計7.00
3 SpSq1 基礎点1.80 GOE0.80 合計2.60
4 FSSp4 基礎点3.00 GOE0.60 合計3.60
5 2A 基礎点3.50 GOE1.80 合計5.30
6 CiSt4 基礎点3.90 GOE2.00 合計5.90
7 CCoSp4 基礎点3.50 GOE0.70 合計4.20
8 LSp2 基礎点1.90 GOE1.00 合計2.9

TES合計34.50


Skating Skills 7.80
Transitions/Linking Footwork/Movements 7.45
Performance/Execution 7.65
Choreography/Composition 7.80
Interpretation of the music 7.80

PCS合計30.80


スピン・スパイラル・ステップのレベルのバラバラさ加減が不思議…。

そういえば、スピン変えてきましたね。
ドーナツスピンに。

スピードもあって綺麗でした。

あ、中野選手SP1位おめでとうございます。
いつみてもふわっと優雅な滑りと素敵な笑顔ですね。

真央さんと中野さんのSPの衣装の色がかぶってるよ!って光景はいつ見ても笑える。

NHK杯・ファイナルに続き3回目ですが、全部同じグループでしたからね。
リンクサイドに二人が登場した途端に笑ってしまう。

【浅田真央 応援ブログ】

日記

懲りない「とくダネ」

グランプリファイナル後、12月15日の事実誤認報道でクレームの嵐を巻き起こして謝罪を行うはめになった「とくダネ!」ですが、12月25日の放送もツッコミどころ満載でした。

「今年の世界選手権に続き、GPFを制し、真の世界女王となった浅田」と冒頭で言ってます…。
ってことはグランプリファイナルで優勝しなかったら「偽の女王」?

な訳ないし。
むしろ逆だし。
「世界女王」と呼ばれるのは世界選手権を制覇した選手だけですってば。
村主さんはGPF優勝経験がありますが「女王」とは呼ばれません。

グランプリファイナルと世界選手権は試合としての格が違うっていうことにそろそろ気付いてほしいですね。
ってな感じの揚げ足とりはどうでもよくて。

そんなことより…

全日本選手権がまもなく開幕ということで、浅田真央選手の「理想とする演技構成」というフリップをご丁寧に作成しておりましたが、その内容がなんとも…。

そのフリップに記された演技構成はグランプリファイナルの時に提出された構成表と同じ内容で、それぞれの要素の横に基礎点も記されてました。

「グランプリファイナルと同じ演技構成になるんですが…」と言って説明を始めますが、そもそもグランプリファイナルで浅田真央さんは、事前に提出した構成表とは違う構成で本番の演技をしています。(ファイナルの構成表はNHK杯の時と少し違う内容でしたが、本番前から「NHK杯と同じ構成で滑る」と宣言してました)

ファイナルでは、一つ目の3-3ジャンプは3-2-2に変更してますし、後半の3Lzも3Tに変更してます。
そのことには一切触れてません。(実際の演技を見ていれば簡単に気付く点なんですが、気付いてないんでしょうか。)

お粗末なのは、スパイラルシークエンスの欄で、レベル3の基礎点が書かれていること。(スピン・スパイラル・ステップは、審判によってレベル1〜4に判定され、レベルごとに基礎点が異なります。)

真央さんはスパイラルでは大抵レベル4の評価をもらってますし、ファイナルでもSP・FS共にレベル4でしたよ。
「理想」の演技構成表を作るならレベル4の基礎点を書いておくべきですよね。
スピンの項目ではきちんとレベル4の基礎点が記されてました。
スパイラルだけ何の根拠でレベル3に設定したんでしょうか。
不思議…。

さらに、去年の全日本での真央さんの得点である205.33点を「参考記録ではあるが現時点では世界最高得点」と紹介してます。

あれ?でも一昨年の全日本で真央さんは211.76点を記録してますよ。

去年、世界最高得点をマークしたのはSPの点数だけですよ。(SPは世界最高の72.92点でしたが、FSは132.41点なので合計点では一昨年の点数に届いてません)

世界最高記録を間違えるって、どれだけ勉強不足なんですかね。

勉強不足の「とくダネ」さんは、無理して詳しいことを知ったかぶりするよりも、単純に「がんばってくださいね」と言うだけにしてくれた方がよっぽどマシな気がします。

ま、どのみち国内大会の点数なんて高めになるモンですからどうでもいい話ですが。
ファンとしては国際大会で200点超えする日が待ち遠しいですわって感じです。




日記

浅田真央 VS ルール&マスコミ

さて、記念すべき第一号の記事として何を書こうか、いろいろ考えた結果…

とりあえず
「現行ルールは真央さんを成長させるためのもの」
と、ポジティブ思考で書いていきましょうか。


グランプリファイナルも終わりましたが、ルールやらジャッジやら判定やら報道やら、すっきりしないことが多すぎて、せっかく真央さんが優勝したのになにやら悶々とした気分で…。

まず、問題を整理しましょうか。

第一点は、今季特に厳しくなった回転不足判定について。
そもそも、新採点システムになった当時から、このダウングレードというルールの恐ろしさは淡々とささやかれてきました。

ダウングレードを取られてしまうと、一つ少ない回転数の基礎点しか与えられない上に、GOEでも必ずマイナスとなるので、ありえないほど低い点数しかもらえないんですよね。

この辺の詳しいルールはフィギュアスケート資料室とかで勉強していただくとして、とにかくダウングレードは恐ろしい!((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタ

今回のGPファイナルの安藤美姫選手へのダウングレード判定は、厳しいを通り越して、ある意味いじめです。
七つのジャンプのうち、五つがダウングレード Σ(゚Д゚ノ)ノェェ,,


プロフェッショナルが判定しているのですから、厳密にいえば確かに回転が足りないのでしょう。
でも、今年のNHK杯の真央選手のFSでのコンビネーションの方の3Aとか、SPの3F-3Loとか、他の選手についても言えるのですが、スローで見ても判断がつきにくいほど微妙な違いで、点数に天と地ほどの差がつくのは、普通の感覚では理解できない ヾ(`ε´)ノ プンプン

でも、こんな重箱の隅をツツくようなジャッジのおかげで、真央さんは燃えてます!
NHK杯で二度目の3Aが回転不足を取られると「ファイナルでは絶対に決める!」と断言して見事やってくれました。
今季特に判定の厳しい3F-3Loも、何がなんでも認定させると思います。
認定されやすい3Tに変更するなんてことはしないでしょう。

真央さんが今回のファイナルで跳んだ3A-2Tは、3F-3Tと同じ基礎点しかもらえないので、よくよく考えたら、コンビネーションジャンプの無駄遣いにも思えます。(規定上、FSではコンビネーションジャンプは3回までしか跳べない)

でも、いいんです。
今回は、女子で史上初の3A二回という快挙を達成したんですから。

そして、プログラムはまだまだ完成形ではないんです。

3A-2Tが3A-3Tとなったら…
プラス3F-3Loが入ったら…
プラス3Lzが入ったら…

ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!!

「一つのミスが明暗を分ける」?
無理です。追いつけません、誰にも。
疑惑の不正ジャッジが入る隙間がなくなってしまう。


それでも真央さんが常に優勝できるとは限らない。
それが現行ルール。
それでも真央さんを超えることは誰もできない。
それが真実。


次に、報道に関して。

「真央VSキムヨナ」みたいな構図で煽りまくってますが、いい加減にしてほしいです。
真央さんは空気の読める方なので、「キムヨナ選手がいるから頑張れる」みたいな感じの大人なコメントをいつもしていますが、本当にフィギュアスケートに精通している人なら、真央さんのライバルになれる選手なんて最早いないということは分かりきっています。

海外(欧米)での評価も、真央さんとキムヨナ選手とでは天と地ほどの差があります。
キムヨナ選手は確かにすばらしい選手です。現行ルール上では破格の加点をもらえる様な質のよいジャンプを持っています。
しかし、過去において、キムヨナ選手と同レベルの選手は何人も存在しました。

けれども、真央さんはフィギュア史上類をみない程の才能を持った選手です。
ジャンプもスピンもスパイラルも音楽表現も、すべてが感動的にすばらしい。
欧米での試合放映を見ると、元選手である解説者の方々は、皆真央さんの演技を絶賛しています。表現力も含めて。

にもかかわらず…。

「技術力の真央と表現力のキム」みたいな対立構図を勝手に作り上げて。

そして、他の選手を無視しすぎ。
国際大会で着実に実績を積み重ねている中野選手を無視。
事前にあんなに四回転四回転って煽ってたのに、いざ跳んだらスルー…な、安藤選手。
そして、日本には男子選手はいないようです…な感じ。
さらに、フィギュアスケートの種目は男女シングルのみです、試合の後に表彰式なんてしません…みたいなテレビ放映。

それでも腐らず頑張り続ける選手たちは素敵です。
選手たちはテレビをみないで欲しいです。
雑誌や新聞の変な記事も読まないでください。
怪我をしないでください。
早く治してください。
応援してます。

日記

浅田真央放送 「とくダネ」の謝罪。

浅田真央さんのグランプリファイナルに関する「とくダネ」の放送はひどい内容でしたが、相当クレームがあったんでしょうね。
18日に謝罪放送が行われました。
そしてその内容がまた適当というか薄っぺらいというか、他人事みたいというか…。
本質が何も分かってないと思います。

表現力のなんたるかも知らない人が上から目線で…。

そもそもGPFのタイトルしか持ってないキムヨナ選手と世界女王の真央さんとは選手としてのランクが違います。
世界選手権に比べれば、グランプリファイナルなんて調整試合みたいなものですから。
というか、シーズンが違うので気づきにくいのですが、真央さんは今年の四大陸もワールドもGPFも制覇した3冠保持者です。


まあ、そんなことはどうでもいいんですが。
真央さんのすばらしさは、ファンが知っていれば十分です。

  1 2  次の10件>>



Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。